0120ほぼ日

すみません、コピペです。
大分前、ものすごい「ほぼ日フリーク」だった私ですが、
そのフリークさを持続させてくれたのは何かというと、
上の言葉にもあるとおり「Slow Life」のココロを完全に理解しきったうえで
「Fast Life」の世界にきちんとつなげている、
多分ただ一人の人のような気がしていたからです。

しばらくぶりに見て、心を打たれました。

>そういう人たちの仕事の仕方が、当たり前になるんです。

———————————–

・「プレゼンテーションの時代が、終わるんだよ」
 と、ある打ち合わせ中に、ぼくは言いました。

 

 「プレゼンテーション」の技術だとか、
 「プレゼンテーション」が大事なんだとか、
 とにかく、この20年くらいは、
 この言葉を中心にさまざまな会社の仕事が
 あったような気さえします。

 ぼくは、じぶんが、これ、苦手だったので、
 「ほぼ日」という組織をつくっていくときに、
 徹底的にこの「プレゼンテーション」という概念を
 無視してやってきました。
 「うまく言えてなくても、
  受け手側が前のめりになれば伝わるもんだ」
 ということもあるわけです。
 
 上役やら、同僚やらに「プレゼンテーション」するために
 その下ごしらえの仕事に必死になっているのが、
 多くの組織で働く人たちの日常だった
 ‥‥ように見えたのです。
 ひとつのA案を練り上げるよりも、
 それとちがったB案やC案を横にくっつけたり。
 A案がよく見えるような説明を考える。
 そんなことに努力するよりも、
 「いいと思うA案」について、徹底的に考えを深めたり、
 上司は上司で、そのA案をもっとよくする手伝いをすれば
 落とすために考えるB案なんかに関わっている時間も、
 もっといい仕事に役立てると思っているわけです。

 「ダメ」は、簡単にわかります。
 うまく「プレゼンテーション」できればダメにならない、
 なんてことは、あっちゃいけないんです。
 そういうことを、ぼくが思っているから、
 「ほぼ日」のみんなは「プレゼンテーション」下手です。
 
 しかし、そのほうが見えるものが多いんだと、
 多くの人たちが、理解してくれるようになる‥‥んです。
 そういう人たちの仕事の仕方が、当たり前になるんです。
 ぼくはそう思っているので、つい、そう言いました。 

今日も「ほぼ日」に来てくれて、ありがとうございます。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中