電力館に行く前に

先日、「六ヶ所あしたの森」事務局長の山本ゆうきくんと、「六ヶ所村ラプソディー」の配給会社、チーム現代の配給担当、藤井みっちんと「せっかくなら電力館行って、いちから勉強しなおそうぜ!!!」ということで、渋谷の電力館に行ってきました。

そもそも、私は環境問題をやっているのに「原発? すみません、きちんと調べてないので署名はできません」という、きちんとしない態度をとってきました。

それは「原子力=悪」とまず勝手にレッテルを貼る人が環境問題について取り組む人には多いと感じていて、「そんなんだから、環境問題はいつまでたっても『あやしい集団』に思われるんだよ!」と思っていたからです。

私は、原子力はずっと、人間の手に負えない力を使っている、と感じていたから、反対の気持ちは持っていました。けれども、六ヶ所問題が何か、よくわからない、と思っていたし、手に負えない問題だから、仕方ない、とも思っていました。

六ヶ所村ラプソディーも、結局見てしまったら、詳しく知らないのに、知ってしまった気持ちになり、結局「作った人の考え」が、あたかも自分の考えであるような錯覚を起こしてしまう、と感じていました。ですから、あえて今まで六ヶ所村ラプソディーに関わらず「不都合な真実」なども、見てきませんでした。

ただ、みっちんとゆうきくんに会って、たまたまその話をしたら「そういう人に会いたかったんです!」と言われ、あぁ、そうなのか…? と思いながら、色々と話をしていたらとにかくなんだか笑いが止まらず、面白い人たちだなぁ、と思ったので、ちょっと原子力について考えてみることにしました。

→次の記事

広告

電力館に行く前に」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中