Love & Communication ~生理とオンナのカラダ~

自由大学の講座、Love & Communicationは、
先日、2回目を迎えました。
http://www.freedom-univ.com/lecture/detail162.html

ゲスト講師は、touta.のユーゴさん。
http://www.touta.org/
ユーゴさんは、かわいらしい布ナプキンを、
いらなくなった布から作っている方です。
布ナプキン以外にも、さまざまなグッズが…カワイイ


授業の後、touta.さんの布ナプキン即売会もありました

ご自身が、子宮頸がんになりかかった、という体験から
「子宮を大切にしよう」という活動をされている方でもあります。
布、というリアルなものを扱っている、とてもさばさばして、
地に足のついた方、というイメージを受けました。

今日の講義は、布ナプキンから生理を、女性のカラダを見直そう、
という回。

オリビア先生は、普段は布が快適なので布ナプキンを、
そして布ナプキンをサポートにして、
ディーバカップを使っているそうです。
ディーバカップ、みなさんご存知ですか?

こちら!
柔かいシリコンでできた、カップです。
これを膣の中に全部入れて、
子宮口にあてて、直接出てくる経血を受け取ってしまおう、
というカップです。日本製のものは、まだ見たことがないですが、
若干お高くて、3000円くらいです。でも、ずっと使えますよ。
特製のカワイイ袋と、ピンバッチがついています。

これで、経血が溜まったら出してを繰り返し、
使っていくのだそうです。
慣れると、ほとんど手も汚れないとか。

一方、ユーゴさんからも
「布ナプキンを使うと、どんな状態の経血が出たかをチェックできる。
生理の経血と密接に付き合う(洗うから)ことによって、
女性であること、自分の体調と向かい合うことができる」
と、布ナプキンのつけ方や洗い方、交換のタイミング、素材についてを
詳しく教えて頂きました。

ユーゴさんは、現在月経についての研究会を立ち上げようとしています。
月経についての本も書かれたようで、猛勉強されたとか。


猛勉強のあと…

オリビアさんからは、生理日と月の満ち欠けが一致しやすいこと、
子宮頸がんの予防について、
卵巣がストレスに弱いこと…
そして、昔の女性は月経血を自力でコントロールしていたらしいのですが、
コントロールに必要な「骨盤底筋」についてもお話頂きました。


オリビアさんと、今回の副読本「布ナプキンの本」

実は、私個人のことですが、骨盤底筋、
とても大切な筋肉だと思っています。
日本人古来のカラダの動かし方、
冷え性、
第一、二のチャクラが弱い女性(女性性が足りない女性…)
便モレ、尿モレ、
そして安産
どうやらこの辺のキーワードが、
すべて「骨盤底筋」にまとまってしまうのでは
とも思っています。

今回の講座では、その骨盤底筋を鍛える体操も、みんなでしてみましたよー

膣筋を鍛えるダンベルのようなもの…

来月は、性感染症の正しい知識と、
できない性交を押し付けられたときに、
スマートに断る断り方を、学びます

広告

Love & Communication ~生理とオンナのカラダ~」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中