11/1~15 まで、展示があります

土偶が好きで、土偶になりたいと思っていました。

それは、2年ほど前の今ごろ、自分の人生になんとなく詰まっていた時、
青森に行って、土偶にひとめぼれ したようになってからです。

その夢が、ついに叶いました。

身体全体に縄文風のヘナタトゥーをほどこし、
撮影して頂けました。

恵比寿のバー、entkukuiにて、
11/1~15まで、展示されます。
「誕生石」をテーマに絵画や写真など、さまざまなクリエイターが表現した合同展の1作品として展示されます。
今回は「トパーズ」。豊穣とか、かつて栄えていた文明 を象徴しているとのことで…!
光栄です!

==============================
RE:BORN 11 TOPAZ
11/1(火)~15(火)

会場
恵比寿 エンククイ 東京都渋谷区恵比寿1-8-7三恵8ビル1F(恵比寿駅からほんと徒歩1分!)
http://entkukui.jp
営業時間
OPEN 19:00~
定休日:祝日

写真:行貝チヱ
ヘナタトゥー:Tara

★Taraさんの撮影メイキングエントリー
全身にヘナタトゥーを描きました。①
全身にヘナタトゥーを描きました②
=========================================================

この撮影があったのは、不思議なご縁の繰り返しのおかげでした。

まず、写真家のチヱ
彼女とは、中学と高校が一緒でした。
高校においては、部活も一緒でした。
彼女はおしゃれ少女で、私はネクラ少女でしたww
だから、あんまり一対一ではしゃべったことはなかったと思う。
というか、彼女は明るくて友達が周りにたくさんいたので、
なんというか住む世界が違う人だなー と思っていました…

高校の時の俺

それで、私が就職してエロ本の編集をして、
3か月でそこの会社が解散になって
社長が新しい会社を紹介してくれるということで、
なんとなくうつむきながら面接に行った時、
チヱにたまたま水道橋の駅のホームで会いました。
家族&恋人総出で超楽しそうで、うらやましかった。

そして、その4~5年後なんだかんだあってデジタルカメラの雑誌に勤めて、
その後写真家を目指していて、うんともすんとも言わなくなってきたとき、
たまたまネットで見かけたチヱの名前にびっくりして調べてみたら、
写真家になっていて、
なんだか楽しそうな大イベントを開催するらしく、
フゴー と思い、自分が写真が撮れなくなって苦しい時だったので、
半日くらい泣いて、それが本当に写真をあきらめる一因になった。

その時に知った後藤繁雄さんの「スーパースクール」に
1年くらい考えた後に入り、
本当に面白い時間を過ごしました。
自分の中では「自分は自分なりに面白い」と思っていたけれども、
それは、どこにも通用しないと思っていました。

でも、なんというか、存在自体を一番面白がってもらえた時期で、
「私全然オシャレに興味ないし、カルチャーみたいなのは興味あるけど、
周りに今までそういう友達いなかったし、っていうか友達あんまりいない…」
と思っていた私が、なんだか調子にのって元気よく生きてた時期でした。

それで、そこを卒業後、スーパースクールがらみのイベントがあったので、
行ってみたら、そこにチヱがおり、
それでなんだか意気投合して、ざっくりはしょると、現在に至ります。

彼女はフォトコラージュのワークショップをやっていて、何回か参加させて頂きました。
私にとってものをつくる ということの根本を教えてくれました。

ということで、なんというか不思議なご縁で導かれた方に撮って頂いております。

——–
そして、ヘナタトゥーの方とも、不思議なご縁でつながっておりました。

Taraさんは、そもそも気流舎というカフェ…場所で、ヘナタトゥーを書きにいらしていた方で、
もともとタトゥー自体に興味があった私は「行ってみようかな…」と思っていました。
が、子育て中だったので「…やっぱり無理…」と思っていました。

ところが、たまたま外に出かけていて時間があったので、
気流舎寄ろう! と寄ったら、Taraさんがヘナタトゥーをお客さんに描いていました。
ならば、私も描いてもらおう、と思って話を聞くと、
Taraさんも縄文が大好きで、縄文風ヘナタトゥーができないものかと
スケッチしたりしていたとのこと!
さっそく、縄文柄のタトゥーを描いて頂きました。
それが、確か4月くらいのこと。

そして、そのほがらかな人柄と、縄文の好み(笑)が結構一緒だったので(草創期~中期好き)、
お願いしたいと思いました。

ところが、3月にあったイベントで、
私が土偶のお店を出展していた時、
Taraさんが私の店をご覧いただき、
土偶カレンダーについて熱く語り合っていたことが
のちにわかり、びっくりしました。

そんな不思議なご縁で、
たまたまチヱが合同展で月に1回作品を発表してて、
私のFacebookのプロフィール写真に目をとめてくれたのと、
私がTaraさんにお会いして、
「いつかはTaraさんに体全体に土偶っぽいヘナタトゥーを…」と
思っていたことが重なり、

今回の写真となりました。

私個人のストーリーを改めて追ってみると
「キモオタだった俺が、リア充と気軽に話せるようになって本当によかった」
っていう2ちゃんねるっぽい感想も出てきますが…www

よろしかったらご覧になっていただければ 幸いです…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中